青木直哉「僕が『書くジャグリングの雑誌:PONTE』の編集長になったわけ」

「ジャグリングについて『書く』ことがライフワーク、ジャグリング雑誌の編集長青木直哉のトーク。『ジャグリングについて書く』とはどんなことか?ジャグリングについて書くことで一体どんないいことがあるのか?青木自身が考えてきたことを話す。来場者との相互干渉も期待しています。」

>>「第3回両国パフォーマンス学会 発表者及びタイトル」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です