西野順二「続々ジャグリング学研究」

現在までのジャグリング学研究からの進展について報告する。とくに現在のジャグリングに至る道筋のなかで、アマチュアの果たした役割と、そのブートアップの機構として重要な働きをした「ジャグリングイベント」を網羅的に検討し、その意味を考察する。また、こうした事実を追いかけることによって「ぼくはなんでジャグリングなんてしているんだろう」から始まり、そしてそれに尽きるジャグリング哲学について議論したい。

>>「第3回両国パフォーマンス学会 発表者及びタイトル」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です