大島幹雄「プラコメ・カバレット時代をふり返る」

「両国コメディーナイト」と同じように、毎回さまざまなパフォーマーが集まって中野
のplanBで毎月公演していた「planBコメディーナイト(プラコメ)」(1998-2001)
や、川崎のクラブチッタで開催されたパフォーマンスとこまっちゃクレズマーやシカラ
ムータの生演奏をドッキングしたライブ「カバレットチッタ」(2002-2004)のプロデ
ュース時代をふり返ります。

>>「第3回両国パフォーマンス学会 発表者及びタイトル」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です